医療レーザー脱毛は永久脱毛なの?

医療レーザー脱毛は本当に永久脱毛なのか気になります。 永久脱毛は主に医療レーザーを用いて行われますが、どこまで効果があるのかは疑問です。 永久というのは本当なのか、果たしてホントに生涯毛が生えてこないのかは、確実なものがありません。 永久脱毛の施術では、レーザーを毛乳頭や毛母細胞に照射して破壊していくので、毛が再び生えない状態にできることになっています。 しかし結論からいうと、医療レーザー脱毛は永久脱毛とは言い切れません。 答えはNOということになります。

永久脱毛というのは、高い減毛率を長期間にわたって維持できる脱毛法として考案されたもので、その定義は、最終脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が20%以下である脱毛法という風になっています。

クリニックの医療レーザー脱毛は確かに効果はあります。 減耗率は高く、最善を尽くしています。 設備投資にも力を入れていて、最近では痛みを大幅に軽減していて施術時間も短縮したレーザー脱毛器も登場しています。 しかし厳密に言うと、永久脱毛ができるのは、もっとも脱毛効果が高い針脱毛だけなのです。